ファリネ

ファリネの解約について

投稿日:

ファリネの定期コースを解約するには?

ファリネの愛用者のほとんどは、公式サイトで定期コースを申し込まれていると思います。

毎月自動的にファリネが届けられるため、長期間に渡って続けたい場合には便利なのですが、何かの事情で継続を打ち切りたい時はどうしたらいいのでしょうか?

手続きは簡単。ファリネのコールセンターに直接電話しましょう。その場で契約を解除できます。

コスメの通販などでは解約を申し込む時もしつこく他の商品を売り込もうとすると聞きますが、ファリネの場合、そのような勧誘は一切ありません。

また、解約理由も、「肌質に合わない」「経済的に無理になった」などの理由でオーケー。

解約したい時は気軽に電話をかけてみて下さい。

ファリネの全成分について

ファリネの全成分は以下の通りです——

クロルヒドロキシアルミニウム、酸化亜鉛、セリサイト、セルロース末、麻セルロース末、チルハイドロジェンポリシロキサン、メチルポリシロキサン、トリメチルシロキシケイ酸、アクリル酸アルキル共重合体、天然ビタミンE、ミリスチン酸マグネシウム、タルク、シリル化処理無水ケイ酸、無水ケイ酸、植物性スクワラン、フェノキシエタノール

このうち、有効成分は「クロルヒドロキシアルミニウム」「酸化亜鉛」の2つ。ともに穏やかな効果を持つ成分で、塩化アルミニウムのような重篤な副作用は引き起こしません。敏感肌の人でも安心して使えます。

なぜファリネは薬局やドラッグストアで売っていないのか?

制汗パウダーとしてベストセラーとなっているファリネ。調べてみると実店舗では取扱いがなく、手に入れるにはネット通販に頼るしかありません。

「なぜこれほど評判のいいファリネが薬局やドラッグストアで売っておらず、通販専門なのか?」……。

常々そんな疑問を感じていたのですが、それについて明確な答えを与えてくれるサイトがありました。

その説明によると——

サプリ、コスメ、医薬部外品はもちろん、日常で使う製品は確かに小売店で買えるものが多くなっていますが、メーカーの工場や倉庫から店頭に並ぶまで、管理会社や運送屋さんに多額の経費を支払っています。

これがいわゆる中間マージンというもの。メーカー側としてはそれらの商品の価格にそのマージンを上乗せして、利益が減らないようにしているわけです。

特に原材料の価格が高いものは大変です。そうやって流通ルートにのせて薬局やドラッグストアで小売するとなると、余りに小売価格が高くなりすぎて、消費者が購買意欲を失いかねません。

これを聞いて、「薄利多売ともいうし、安くして大量に売れれば十分利益が上がるのでは?」と思う人もいるでしょう。

それについても説明があって——

新しく発売したばかりで名前が浸透していない商品は、大量に売るためにテレビのコマーシャルや雑誌媒体に多額の広告費をかける必要があります。そんな広告費を回収できるまで販売を維持するには、それまでの販売実績やよほどの資本力がないと実現は不可能です。つまり、確かに薄利多売という売り方はありますが、それができる会社はそれほど多くありません。

ということのようです。

「ファリネがあくまで通販だけの商品なのは、そういう事情があったのか」

と納得がいきました。

-ファリネ

Copyright© 『本当に効いた!ファリネの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.